Lesson
授業と制作活動

絞り込み検索

授業運営の基本方針

2020年度学生募集のための撮影を行いました

今年も後少し終わり。

現在2020年度募集の準備が着々と進められています。

昨日は新校舎で在学生をモデルに撮影を行いました。まだ内装工事中のところもあって、机などの備品が入っていない教室がほとんどですが、できる限り新校舎の良さを伝えようと在学生たちも頑張ってくれました。

在学生紹介の写真撮影は寒い中、外で撮影しました。

 

まだ内装が出来上がっていないのところは合成で対応するため、8階プレゼンテーションホールにて、合成用の部分写真取り!

2階のデザインワークスペースはほぼ完成しています!あとは机と椅子を搬入すれば完璧。

 

3階のPCルームはほぼセッティングまで終わっています。

教室の前には休憩スペースも設けられていて、学生たちが休憩する様子を撮影してみました。

 

今回は1年生がモデルとして参加してくれたので、プロのカメラマンの撮影やディレクターがディレクションする場面を初めて見た学生もおり、撮影の指示の出し方など興味津々でのぞいていたのもの印象的でした。

2020年度募集要項など学校案内は2019年3月中頃に対象者の方へ発送予定です。

楽しみにお待ちくださいね!

 

新校舎見学を希望される方はこちらからお申込ください⬇

コトづくり系 グラフィック専攻

「 興味をつなぐ 」~ SDGsの視点 「究極の衣服」をデザインする~ vol.3

本校の授業運営方針である「5つの実行」を視点に、授業の紹介と在学生の今をインタビュー。創造社の学びと学生の満足度がわかります。

第3回目は、2回目に引き続き2年生の授業の1つ「アドバンスデザイン演習」をピックアップ。講座内容の紹介から講座に参加した学生にインタビューしました。

科目の説明は第2回で説明した通りです。

しかし担当教員が変わると同じ科目内容の主旨で授業をやっていても課題が少し異なります。今回は「SDGs(持続可能な開発目標)」の視点とデザイン思考によって、新たな役割を認識し、解決策を提案します。

課題では「衣服」という身近なモノが世界的課題に深く関わっていることを再認識し、環境や人々、社会、地域に配慮した倫理観を持つ「究極の衣服」に関するデザイン提案を行いました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

~ SDGsの視点 「究極の衣服」をデザインする~

2年 昼間部 ビジュアルデザイン学科 コトづくり系

峯 千鶴海さん

◆SDGsについて知っていましたか?

ある企業さんに就職活動で面接に行った時に質問でありました。「SDGsの課題の中であなたなら、何ができると思いますか?」と聞かれた事があります。

その時に初めてSDGsについて知り、調べていたので知っていました。

 

 

◆今回の着目した点(問題定義)を教えてください。

ネット等で手軽に衣服が購入でき、すぐに廃棄・売却するというサイクルを問題点と考えました。高い衣服や愛着がある衣服は大切に長く着るという点から、「何回着れるか?」「着倒す」事をコンセプトとしたブランドを考えました。エシカルファッションについていきなり取り組むのは難しいと感じ、きっかけとなる企画を考えました。

 

◆作品のポイントを教えてください。

服を何度も来ているとタグの文字が薄くなるという経験を基に、タグにハートの絵柄を入れました。ゲーム等で体力(ライフ)=ハートというイメージがあったので、ハートが薄くなるまで、ハートが無くなるまで着るという事を視覚化しました。

 

※「エシカルファッション」とは・・・環境問題、労働問題、社会問題に配慮した、良識にかなった素材の選定や購入、生産、販売をしているファッションの事を指します。

 

インタビュアー:教務事務室 木村

 

授業運営の基本方針 コトづくり系 グラフィック専攻

「 興味をつなぐ 」~ ジェンダーフリーを考える ~ vol.2

本校の授業運営方針である「5つの実行」を視点に、授業の紹介と在学生の今をインタビュー。創造社の学びと学生の満足度がわかります。

第2回目は、2年生の授業の1つ「アドバンスデザイン演習」をピックアップ。講座内容の紹介から講座に参加した学生にインタビューしました。

 

科目名:『アドバンスデザイン演習A』

この科目は、先を見越した新しいデザインの提案を12回の授業で行います。近い将来、社会改革などの関係の中で、実現する可能性のある新しいデザインやブレイクスルー、破壊的イノベーションを目指す科目です。

 

今回、授業のテーマに「LGBTQ」「同姓婚」「パートナー制度」を取り上げました。

世間にまだそれほど認知されていないセクシャルマイノリティーの方々が住みやすい社会をデザインの力で解決できないかを考えました。また本校が取り組んでいるSGDs(持続可能な開発目標)にもつながる課題となりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「 興味をつなぐ 」~ ジェンダーフリーを考える ~

昼間部 ビジュアルデザイン学科コトづくり系 2年

尾崎 優香さん

◆「LGBTQ」「同姓婚」「パートナー制度」について知っていましたか?

言葉の意味は知っていましたが、身近にそのような人が居ない(居ても分からない)ので、どこか他人事の様に感じていた部分はあります。

 

◆制作物のポイントを教えてください。

「LGBTQ」を一つの個性として考えました。個性=その人のカラーとして派手な色をイメージしてしまいますが、個性と同時に「平等」という考え方を込めました。

今回、パッケージ・リーフレットも含めて作品を主に白黒で制作し、「平等に」「自然に」「普通に」生きる権利があるという事を表現しました。

 

◆制作する上で苦戦した箇所は?

作品を主に白黒で制作する事を決めていたので、「真っ白」+αで何を入れるべきかを悩みました。あまり付加すると全体のイメージや伝えたい事が変わってしまうので、その点が苦労しました。

最終的にチューブにサーモインクを使う表現方法で落ち着きました。

 

◆授業を受けて(振り返って)の感想は?

テーマとして、とても難しい内容でした。でも、課題でなければ中々取り組めない内容と思います。課題を進める上で、まずは問題定義を行いましたが、色々とリサーチをしていく中でセクシャルマイノリティーについての事例について知る機会になりました。

また、デザインの力でも、このような社会問題に何らかの影響を与える事が出来るという一面も知る事ができました。

 

インタビュアー:教務事務室 木村

 

モノづくり系 コトづくり系 グラフィック専攻 イラストレーション専攻 ディスプレイ専攻

雑貨フェスを開催しました

2018年11月18日(日)に本校中庭にて、雑貨フェスを開催しました。

本校では文化祭や体育祭など、お遊び行事がまったくない専門学校ですが、今回は初の試みで学生たち有志による雑貨フェス開催となりました。もちろん学校行事の一環ではないため、授業課題をしっかりこなし自己責任での参加です。

学生たちは来週に控える試験週前にも関わらず、課題をこなしながら販売用の雑貨も制作していました。また在校生だけなく卒業生も参加してくれました。

当日は、晴天にも恵まれ、あっという間に終わってしまったという印象でしょか?

思っていたほどには集客できなかったことから、卒業生たちが近隣へDMを配りにいって集客してくれいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この校舎もあと少しで移転です。よい思い出になったのではないでしょうか。

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!!

 

 

コトづくり系 グラフィック専攻 イラストレーション専攻

雑貨フェスの準備

本校は2019年4月に江戸堀へ校舎移転をします。この校舎でできるイベントもあとわずかになってきたことから、初の試みとして「雑貨フェス」を開催することになりました。

もちろん、授業外での活動ですので、学生たちは普段の課題をこなしながらも雑貨フェスの準備をしなければいけません。

雑貨フェスを1週間後に控えた土曜日に毎日開催している無料のデザイン講座として雑貨づくりの講座を開講しました。

まずは、片山先生からシルクスクリーン講座。版の作り方から作る時の注意事項やうまく印刷するための原案のコツ。学生たちは興味津々に聞いていました。

 

 

 

 

 

 

また、後半には簡単に陶器に絵付けできるペンを使ってのオリジナル食器デザインに挑戦。可愛らしい食器が次々出来てきましたよ。

雑貨フェス直前にも講座を開講して、最終の追い込みに入ります。

可愛い雑貨が当日は勢揃いします。

 

▲雑貨フェスの詳細はこちらから

モノづくり系 グラフィック専攻

堺プロジェクト アイデアコンペ2018表彰式を開催しました

夏期ワークショップの講座の1つとして行った「堺プロジェクト アイデアコンペ2018」

堺市にある「ものづくり企業」株式会社中西製作所の商品開発企画としてアイデアコンペが行われました。それぞれ「あったらいいな」と思うモノでクライアントの製造内容に合うものを提案しました。

受賞した3名の表彰式を1階エントランスギャラリーにて行いました。

 

今年の受賞者は下記の通りです。

最優秀賞         「DAYS」                2年 グラフィック専攻  永浜 百合子さん

優秀賞       「スチール★マン」      2年 モノづくり系       木畑 美樹さん

優秀賞       「Shoes Roof」         2年 モノづくり系       高田 羅司太さん

以上、

3名のみなさん、おめでとうございます。

受賞した3名には表彰状と副賞が贈られました。

 

授業運営の基本方針 モノづくり系

「興味をつなぐ」5つの実行 vol.1

vol.1

本校の授業運営方針である「5つの実行」を視点に、授業の紹介と在学生の今をインタビュー。創造社の学びと学生の満足度がわかります。

第1回目は、授業以外に無料で開講している「Smile工房講座」の1つピックアップ。講座内容の紹介から講座に参加した学生にインタビューしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Smile工房講座とは、学生のニーズ、社会のシーズを満たし、幅広い視点とそのスキルを身につける教育システムです。従来の授業の枠組みでは出来なかった、【素 材】Material 【加 工】Processing 【技 法】Technique 【描 写】Depictionといった様々なスキル・技術・表現・体感ができる講座です。

 

今回のSmile工房講座は「椅子の模型作成」

椅子の模型制作を通して、基本工程や構造について知識を習得を3時間で目指します。

担当講師は、ディスプレイデザイナーの丹羽景子先生です。先生は、照明器具のデザイナーもされていたことからプロダクトデザインにも精通されています。

今回の課題の椅子は、1918年にデザインされた「赤と青の椅子」

知る人ぞ知るヘーリット・トーマス・リートフェルトの代表作品です。 この作品は家具の歴史上でも非常に重要な位置づけとなる歴史的名作として位置づけで、デザインからすでに90年以上たった今でも伝説的な作品として広く認知されています。

直線的で非常にシンプルな構造をしていますが、パーツが交差することで生まれる見事なまでの空間の美しさや幾何学的なフォルム、大胆な色使いと現代の家具に応用できる部分も多くあり、逆に現代生活の中においても自然と溶け込んでしまうデザインです。

と、ここまで聞くと何やら難しそうな図面ですが・・・。

まずは図面から寸法を計算。参加した学生は1年生だったので図面の見方も初めてで苦戦しています。

さらに、寸法に合わせて材料をカットしていきます。

次に着彩し、組み立ててようやく完成です。

 

 

 

 

 

 

 

工程だけ見ていると簡単そうには見えますが、これが意外と難しく開催したのが1年生の前期始まってすぐの時期だったこともあり、初めてのコトだらけで参加した1年生たちは苦戦していました。いわゆる工作とデザインの意匠が入ることでの違いを感じとっていたのではないでしょうか。

  

1年生にとってはいい経験となりました。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

受講した留学生の張くんに感想をインタビューしました。

昼間部 産業デザイン学科 モノづくり系 1年
張 振昇(チョウ チャンセン)出身:香港

◆今回、初めて受けようと思ったのはどうして?

模型を作るのが好きだから。まだ授業では模型を作成した事がないので作ってみたいと思った。
あと、丹羽先生の授業も分かり易いので、それも理由です。

◆家具に興味があったのですか?

家具もそうですけど、おもちゃ作りをしてみたいです。今回は講座で設計図(図面)の見方や角材の加工の仕方も教えてもらえるという事だったので、色々な事に活かせると思い受けました。

作業しながら質問もできて、授業でまだやっていないですが図面の見方が少し理解できたので参加して良かったです。

◆今後、受けてみたいSmile工房講座はありますか?

おもちゃを作ってみたいです、子供向けの知育玩具とか。あとこれから授業ですると思いますが、3DCADも少し使ってみたいです。

 

インタビュアー:教務事務室 木村

 

 

モノづくり系 コトづくり系 グラフィック専攻 エディトリアル専攻 広告クリエティブ専攻 イラストレーション専攻 キャラクター&コミック専攻 ウェブ専攻 ウェブマーケティング専攻 ディスプレイ専攻 インテリア専攻 プロダクト専攻

ポートフォリオ展2018を開催

「ポートフォリオ展」は本校の就職支援の1つとして毎年8月に開催するもので、別名「JOB HUNTING ジョブハンティング」とも呼ばれています。

会場には平成30年度卒業予定の学生たちのポートフォリオを展示。会場内での企業説明会を希望される企業様には会場で企業説明会の開催や個別面談などができるスペースも用意しての、いわゆる作品展示会とは違う就職活動のための展示会です。

学生たちは通常の就職活動に加え、新たな出会いの場として自身を売り込むためのポートフォリオをこの日のために制作。毎年ポートフォリオ展で就職が決まる学生がでています。

今年は8月23日(木)〜29日(水)で開催しました。

毎年のことながら、今年もDMは学生がデザイン。今年は趣向をこらしてAR(拡張現実)技術をつかったDMで企業の関心を得ようと努力しました。

そのDMがこちら⬇

「ポートフォリオ」を違ったタイポグラフィーでデザインすることで、それぞれの学生が個性を発揮した「ポートフォリオ」がたくさん集まった展示会であることを伝えたかったとのことです。

色合いもポップでちょっとウキウキした気持ちにもなりますね。

ARの見方は、こちらの動画をチェック⬇

 

まさに時代はどんどん進んでいますね!!

会場のデザインも今回も学生が担当。いつものプレゼンテーションホールがガラッと雰囲気の違う会場になりました。今回は来場者の導線を意識した会場構成にしたそうです。


 

今年は何人の学生が運命の企業様と出会うのでしょうか。

よい出会いがあることを期待したいですね!

 

モノづくり系

2年生産業デザイン系「インフォ演習B」

2年生の産業デザイン系(空間・プロダクト)の学生たちが受ける「インフォ演習」では、デザインプロセスの中で設定した課題に対して、デザインによる解決案を導き出します。

アイデアの多様性や複数アイデアを出せることを目指し、表現と検証することによる解決案も一緒に養う授業は全12回。

最終課題として、グループワークで1階エントランスギャラリーの展示計画を行いました。

 

いかがでしょうか?今までの展示をご存知の方はずいぶんと雰囲気が変わったと感じていただけるのはないでしょうか?

学生たちもご満悦の表情です⬇

 

 

 

 

 

この展示は、9月初旬まで行っています。

ぜひご来場ください。

 

 

コトづくり系 イラストレーション専攻

モード演習A の課題 朝日新聞広告デザイン

2年生イラストレーション専攻が4月〜5月にかけて学ぶ「モード演習A」

12回の授業の中で、挿絵イラストから新聞広告まで、イラストを主役にし出版業界が求めるイラストレーターのレベルを知るための授業です。

今回は課題の1つ「乳がん検診促進のための新聞広告」を紹介します。

2年イラストレーション専攻
林 ふらの

 

2年イラストレーション専攻
坂元 るい

 

同じイラストを使っていてもデザインする人が違うとイメージも全く違うものになりますね。この作品は、現在本校1階エントランスギャラリーにて展示しています。

twitter facebook LINE You Tube

totop