Lesson
授業と制作活動

絞り込み検索

グラフィック専攻 広告クリエティブ専攻 イラストレーション専攻 キャラクター&コミック専攻 絵本専攻 ウェブ専攻 ウェブマーケティング専攻 ディスプレイ専攻 インテリア専攻 インテリアコーディネーター専攻 家具専攻 プロダクト専攻

2年生「学校賞」決定

1年生に引き続き、2年生の公開プレゼンテーション会を2日間にわけて開催しました。
2年生にとっては最後の公開プレゼンテーション。否応なしにも気合いが入ります。
ビジュアルデザイン学科、産業デザイン学科のトップは、

  

ビジュアルデザイン特別選択学科 絵本専攻 佐原 紫織 (夜間部)

 

 

産業デザイン学科 インテリア専攻  村上 建太 (夜間部)

おめでとうございます!
今回も誰がとってもおかしくないほど、白熱した公開プレゼンテーションで最後の最後まで結果がわかりませんでした。

 

            

「学校賞」をとった2名は、3月11日(土)に挙行した卒業式で学校長より表彰されました。

2年生は、これから新しい道へと進んでいきます。みなさんにとって本校での学びを糧となり、これからも飛躍しつづけてくれることを期待しています!!

 

モノづくり系 コトづくり系 グラフィック専攻 広告クリエティブ専攻 イラストレーション専攻 キャラクター&コミック専攻 ウェブ専攻 ウェブマーケティング専攻 ディスプレイ専攻 インテリア専攻 インテリアコーディネーター専攻 プロダクト専攻

進級制作 公開プレゼンテーション

学年末の最後は恒例の進級・卒業制作展。その中でも、選抜に選ばれた数名の学生たちが公開プレゼンテーションで学科のトップを争います。

1人持ち時間5分でプレゼンテーションを行いました。審査は本校からご招待させていただいた企業様のクリエイター。

まずは1年生から公開プレゼンテーションが始まりました。

              

 

白熱のプレゼンテーションの後、1年生の学科のトップが決定しました!

今年はビジュアルデザイン学科から同率1位がでるなど、予想外の展開となりました。

1年 学校賞【ビジュアルデザイン】
コトづくり系  土井 麻奈実(昼間部)

 

1年 学校賞【ビジュアルデザイン】
グラフィック専攻 竹谷 円(夜間部)

 

 

1年 学校賞【産業デザイン】
空間メディア専攻 池田 真尋(夜間部)

 

 

おめでとうございます!

見逃してしまった方、まだ大丈夫ですよ!プレゼンテーションは見れませんが、学外選抜作品展は明日まで大阪梅田のブリーゼブリーゼにて開催中です。

そして本日から2年生の学科トップをかけてのプレゼンテーションになります。ぜひご参加ください!

学校賞に選ばれた3名は、4月にある後輩たちの入学式で学校長より正式に表彰されます。

 

【学校賞とは?】
本校のビジュアルデザイン系学科と産業デザイン系学科のトップに授与される賞です。
トップを決めるは、進級制作・卒業制作で選抜され公開プレゼンにて選ばれた1名です。

昼間部、夜間部関係なく、デザイン領域での選考となります。

 

グラフィック専攻 広告クリエティブ専攻 イラストレーション専攻 キャラクター&コミック専攻 絵本専攻 ウェブ専攻 ウェブマーケティング専攻 ディスプレイ専攻 インテリア専攻 インテリアコーディネーター専攻 家具専攻 プロダクト専攻

卒業制作 最終審査プレゼンテーション

創造社の進級・卒業制作は、毎年変わるグランドテーマから「企画立案・制作・プレゼンテーション」の3段階で評価し、1年間の成果を問われます。

その最終審査、プレゼンテーションが終了しました。

学生たちはこの2ヶ月間の苦悩と努力をプレゼンテーションにすべてぶつけます。審査員3名の先生方の厳しい問いとその場の張り詰めた空気に緊張はMAXにあがります。

そして、その審査結果が2/18(土)に発表されました。

すべての課程が終わったあとは、進級・卒業制作の成績優秀者が選抜され学外での選抜展および公開プレゼンテーションと次なるステージを迎えます。

3日間にわたる公開プレゼンテーションで、外部の審査員から学科のトップが選ばれます。トップに選ばれた学生たちは、卒業式に正式に学校長より表彰されます。

今年の選抜メンバーは下記の通りです。

【2年生選抜】
●ビジュアルデザイン学科
グラフィック専攻     四宮 奈美 (昼間部)
グラフィック専攻     吉村 あずみ(昼間部)
グラフィック専攻     前田 知聖 (夜間部)
エディトリアル専攻    岩崎 七虹 (昼間部)
イラストレーション専攻  岡 道恵  (昼間部)
イラストレーション専攻  時枝 睦美 (昼間部)
イラストレーション専攻  本藤 悠実 (夜間部)
イラストレーション専攻  大西 杏理 (夜間部)
絵本専攻         磯間 実莉 (昼間部)
絵本専攻         佐原 紫織 (夜間部)
絵本専攻         瑞樹 知子 (夜間部)
絵本専攻         二宮 沙織 (夜間部)
キャラクター&コミック専攻 川越 響子(夜間部)
ウェブ専攻        乾 誠人  (夜間部)
ウェブ専攻        森崎 圭太 (夜間部)

●産業デザイン学科
ディスプレイ専攻     吉本 朱里 (昼間部)
インテリア専攻      織田 香純 (夜間部)
インテリア専攻      小谷 玲加 (夜間部)
インテリア専攻      村上 建太 (夜間部)
家具専攻         溝口 聖悟 (昼間部)
プロダクト専攻      矢倉 昌志 (夜間部)

以上、21名

 

選ばれた学生たちは3月の公開プレゼンテーションに向けて作品の手直しとプレゼンテーションの見直しをしていきます。

公開プレゼンテーションはどなたでも来場していただけます。ぜひ彼らの勇姿をみに会場にお越しください!

 

コトづくり系 イラストレーション専攻 キャラクター&コミック専攻

工房講座「人物表現技法」

本校では毎日さまざまな分野のデザイン講座が無料で在学生のために開講されています。在学生は本校運営のサイトから気になる講座にエントリー。1名でもエントリーがあれば開講され、学生のたちのやる気を応援しています。

今回は、川端先生の「人物表現技法」が開講されました。

これは、1年生からでた要望で実現した講座です。基本的な男女の身体的特徴の描き分けや年齢の違いによるプロポーションの変化の描き分けのトレーニングが行われました。

まずは、模写から。先生が用意された人物のスケッチを模写していきます。

   

参加者は、真剣な表情で模写をしていました。

 

工房講座は授業ではありませんので、講座時間3時間内にそれぞれが個別に先生の指導を求めることも可能です。少人数での開講ないのでできることですね。

無料講座なのでどんどん利用して、ほしいスキルを身に付けてくださいね!

グラフィック専攻 広告クリエティブ専攻 ウェブ専攻 ディスプレイ専攻

共通選択科目「モーショングラフィック実習」

2年生のビジュアルデザイン学科、産業デザイン学科共通科目「モーショングラフィック実習」

12回の授業で、アニメーションの基本的原理から制作方法、動画書き出しまで幅広く学びます。Adobe After Effectsをメインに学ぶこの授業にはグラフィック専攻だけでなくディスプレイ専攻など幅広い専攻の学生たちが学びました。

最終課題には、「創造社を伝える」をテーマにそれぞれの切り口で本校の宣伝CMを制作。それぞれが面白い視点で創造社を表現してくれました!

ぜひ、チェックしてみてください⬇

●グラフィック専攻
スクリーンショット 2016-12-24 13.42.05
乾 佳乃子さん
https://www.youtube.com/watch?v=caKJdHY2YwI

 

スクリーンショット 2016-12-24 13.58.25

丸山 あき奈さん
https://youtu.be/TQ5p5aa-fGM

 

スクリーンショット 2016-12-24 13.40.22
伊津野 絢子さん
https://youtu.be/iidgtP94T8w

 

スクリーンショット 2016-12-24 14.00.07

四宮 奈美さん
https://youtu.be/624zY83HwRY

 

スクリーンショット 2016-12-24 13.40.56
山城 早紀さん
https://youtu.be/omtoAqYRxsQ

 

スクリーンショット 2016-12-24 13.42.57
守屋 有咲さん
https://youtu.be/1Ut_3dmTi3k

 

スクリーンショット 2016-12-24 13.43.13
神領 恵大さん
https://youtu.be/vkAFHUTkydc

 

●広告クリエイティブ専攻

スクリーンショット 2016-12-24 13.41.35
田面 勝成さん
https://youtu.be/fxDAJ3WBcr0

 

●ウェブ専攻

スクリーンショット 2016-12-24 13.41.47
難波 江利子さん
https://youtu.be/HVru6RhKX_Q

 

●ディスプレイ専攻

スクリーンショット 2016-12-24 13.42.35
吉本 朱里さん
https://youtu.be/FH18W0WVvuY

 

スクリーンショット 2016-12-24 13.43.34
山本 智弘さん
https://youtu.be/XLfIWlx29yI

 

 

グラフィック専攻 イラストレーション専攻 ディスプレイ専攻 インテリア専攻 インテリアコーディネーター専攻

キャンドルナイト 2016冬

この時期恒例のキャンドルナイト。今年も参加しました。

本校学生にとって、キャンドルナイト参加はちょっとハードルが高いもの。なぜなら授業の一環ではなく、自分たちで自主的にやらなければいけないことと、課題との両立がかなり大変ということ。。。

しかし、今年も頑張って10名の学生有志が作品を披露しました!

今年のチーム名は「20」

昨年「19」で参加したメンバーが再結成して参加しました。

https://www.sozosha.ac.jp/blog/?p=2069 ←昨年の様子

IMG_3903

可愛い女子ばっかりですね〜2年生になった彼らは、1年前とは大違いというほど、しっかりと企画を立て、制作、当日の設営をすませてしまいました!!

そして作品がこちら⬇

IMG_3892

IMG_3895

1年前は、想いはたくさんあっても、なかなかカタチにすることができず、かなり苦戦しながらやっていたのが、嘘のようです。

場所もよかったということもあり、たくさんの方が足をとめてスマホ片手に撮影する姿を見ることができました。

IMG_3905

1年生たちも先輩の作品を見にきていました。

IMG_3916

昨年は見てくださった方へ感想を書いてもらうノートを用意していましたが、

今年はさらに作品に参加してもらうカタチで感想をいただく趣向に。

IMG_3894 IMG_3893

参加してくださった方の思い思いのメッセージも一緒に作品として場を盛り上げてくれました。

また、情報を拡散してもらうための仕掛けも用意。SNSなどに載せる効果をねらってオリジナルのフレームをつくり、作品と記念撮影しようとする方に声をかけてフレームとともに撮影。

「わー!めっちゃいい!!」と撮影した方には喜んでいただけました。

IMG_3909 IMG_3915

これもアイデアですね。

最後にはスタッフも記念撮影

IMG_3912 IMG_3912[1] IMG_3913 IMG_3914

よく見ると後ろには、工房の西川先生と1年生たちの姿も入ってました笑

前日から急に寒くなった大阪の夜は、この日も身体の芯まで冷える寒さでしたが、学生たちは最後の片付けまでしっかり終えて、無事終了しました。

IMG_3918 IMG_3904

お疲れ様でした!!

残すは卒業制作です!頑張っていきましょう〜

グラフィック専攻 ディスプレイ専攻

企業クライアント制課題「伊賀市町おこし企画」プレゼンテーション

企業クライアント制授業は専門士課程の昼間部・夜間部が合同で選択する課題の1つで今回の依頼は伊賀市からの案件でした。

数ある伊賀ブランドをいかに認知度を上げ、伊賀市の活性化していくが課題で、様々な専攻から参加した在学生は多角的視野を持ってそれぞれのデザイン領域でデザインによる解決策を提案していきました。

すでに学内でのプレゼンテーションが終わり、6名が選抜。

11月28日(月)に選抜7名が現地伊賀市に最終プレゼンテーションに挑みました。プレゼンテーションの前に伊賀市から選抜に選ばれた6名(1名欠席)を伊賀の見所や特産品などの観光にご招待いただきました。

手厚いおもてなしをいただいて後、プレゼンテーション会場に通されたのはなんと「サンピアサンピア伊賀」の大広間。プレゼンテーションには、伊賀市産業振興部など行政の方々や伊賀ブラント振興会に関わる地元企業の方、総勢29名。

IMG_1527 IMG_1543

さっきまでリラックスしていた学生たちにも緊張がはしりました。

緊張しながら、いつも学内でプレゼンテーションをしている成果をみせてくれました。

IMG_1549 IMG_1550 IMG_1553

6名それぞれのデザイン提案は好評いただき、どれか1つの提案のみ採用ではなく、それぞれ6名が提案したところの良い部分をセレクトして使用したいとのこと。

どれを採用するかは後日連絡をいただくということで、6名全員が表彰していただきました。

IMG_1554

表彰された学生

グラフィック専攻 中家 まどか さん
グラフィック専攻 大西 杏理 さん
グラフィック専攻 清水 茜 さん
グラフィック専攻 輿猶 藍 さん
グラフィック専攻 神領 恵太 さん
ディスプレイ専攻 吉本 朱里 さん

在学生たちにとって大勢のギャラリーの前でプレゼンテーションをする機会はあまりありませんので、場の雰囲気も含め、勉強させていだく良い機会となったようです。

 

モノづくり系 プロダクト専攻

3Dプリンティング実習

10年後の未来にはAI(人工知能)がさらに進化し、人間が今までやっていた作業をことごとく奪っていく言われてます。3Dプリンターもその1つ。どんどん高性能なものができてきて、今まで人間が時間をかけて作っていた事をやってくれるようになっています。

なので、使う側の人間は空いた時間を利用して、よりクリエイティブにしっかりイマジネーションを働かさないといけないですよね。

3Dプリンティング実習※は、自らがデザインしたものを3Dシェードを使いデータ化し3Dプリントする所まで学びます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3Dプリンターの性能を知り、出来ること出来ないことを理解してから最適なデザインを考える。

文字にすると簡単ですが、いざ制作すると難しい。3Dプリンターの技術面の発達によりこれからはもっと複雑な形の可能になっているかとは思いますが、今はやはり技術的に難しい部分もあるようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さぁ、どんな作品が出来上がってくるのか!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今週は試験週のため試験終了後に、作品展示を1階エントリーギャラリーにて行う予定です!

楽しみにしていてくださいね♪

※3Dプリンティング実習は、夜間部プロダクト専攻、家具専攻の必須科目です。
https://www.sozosha.ac.jp/dshool/pr/

グラフィック専攻 エディトリアル専攻 広告クリエティブ専攻 イラストレーション専攻 絵本専攻 ウェブ専攻 ディスプレイ専攻

企業クライアント制 課題「株式会社 三光丸 700周年企画」プレゼンテーション

企業クライアント制授業は専門士課程の昼間部・夜間部が合同で選択する課題の1つ。
外部企業からの様々な依頼にデザインで応えていきます。

今回は700年の伝統がある株式会社 三光丸より依頼を受けました。

700年の伝統と聞くと、その長さにちょっとビックリしてしまいますね。長年日本で愛されてきた和漢薬です。2017年を目途に海外進出を考えておられるということで、その第1弾ベトナム進出へのデザイン企画を依頼されました。

まずは、商品のことを知るためにレクチャーいただいてから、進出する先であるベトナムについてリサーチを重ねます。
それぞれが企画書と試作品をもとにクライアントにプレゼンテーションを行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結果は、社内検討ののち発表され、採用になった学生のプランでベトナム進出が行われます。

結果が待ち遠しいですね〜

(株)三光丸ホームページ⬇
http://www.sankogan.co.jp/

モノづくり系 コトづくり系

第3・4セッション課題1年生「観察スケッチ」

1年生の前期は、デザインの基礎をしっかりと身につけていただく大切な時期です。
基礎課題の中でも特徴的な「観察スケッチ」

全デザイン領域の学生が受講する課題です。担当教員によって被写体などは少し違いますが、習得してほしいことは同じです。

今回は、福田尚子先生の「観察スケッチ」を先生の解説を交えながら紹介します!

————————————————————

「観察スケッチ」は、対象物を先入観なしにありのままに観察すること、
そして観察を通して発見したことを、見る人に伝わるよう明快に描き出す力を身につける課題です。

課題⑧『時間経過のスケッチ』

授業日までに観察しておいた内容を元にして、時間経過による変化に焦点を当ててスケッチで表現する課題です。

各自が観察する対象物を設定し、24時間毎、1時間毎など一定の時間経過による変化を観察し、簡略なスケッチや写真・メモ等で記録しておきます。
授業日には、“変化のポイント”を強調し、8コマのスケッチで表します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

提出作品の中から、対象物も表現法も異なる特徴的な3名の作品を紹介します。

 

①松下 さくら『燃ゆる紙』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紙をピンセットで挟んで火を点け、燃える紙の変化を観察しました。

紹介する3人の中でもっとも短時間で描いたスケッチですが、炎の色と形をわかりやすく捉えており、燃える炎のメラメラとした音が聞こえてくるような臨場感があります。

上手く描こうとするのではなく、素直に観察して描いたところが良かったと思います。出来そうでなかなか出来ないことです。

紙とピンセット(・・・に見えませんね)をシンプルな線だけで表現して主役の炎を目立たせたのは正解ですが、脇役にももう少し心配り出来るといいですね。

 

②馬 悦『バナナの変化を観察する』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

馬さんの作品からは、全てを観察して全てを描きたい、という意志が感じられます。観察スケッチの出発点として、とても大切な姿勢だと思います。

馬さんはがんばり過ぎて観察のポイントが不明瞭になってしまうことも度々なのですが、このバナナは、観察のポイントにぶれがなく、見る人を惹き付ける作品となりました。

ただし、これはスケッチというには描き込み過ぎです。観察したことをもっと短時間で、もっと簡略に描いてみましょう。

 

③冨永 秀樹『花』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花が朽ちて行く様子を観察して描きました。余分なものを描かず、花の部分だけをクローズアップすることで、花びらの形やガクの形の変化を、しっかりと観察して描き出すことが出来ました。色合いの変化も、丁寧に観察されています。

冨永さんのスケッチは、硬派な印象のものが多かったのですが、この作品はとてもエレガント。対象物の色と形を写し取るだけでなく、枯れて行く花の美しさ(目に見えないニュアンスのようなもの)を感じさせる作品となりました。

講評:福田尚子先生

———————————————————————

それぞれ特長を捉えながら、しっかりと描いていますね。

基礎の課題はデジタルが普及した今、学生によっては遠回りしているように感じているようですが、基礎をしっかりとやることで必ず将来に活きてくること保証します!

しっかり基礎固めをして、次のステップに進みましょう。

 

twitter facebook LINE You Tube

totop