Teacher
教職員

絞り込み検索

モノづくり系 インテリア専攻 インテリアコーディネーター専攻

荒畑 肇 Hajime Arahata

荒畑 肇  Hajime Arahata

荒畑商環境デザイン研究所 主宰
金属工芸・照明・インテリア・建築・複合商業施設
計画から街づくりまで。日本商環境設計家協会会員
関西インテリアプランナー協会会員

デザイン業をめざすみなさんは、この道に進もうと思った時、ここには“何か”があると感じ考え行動に移された事と思います。その“何か”は人それぞれ異なりますが『何かがある』という事を信じて行動に移された事は確かで、この事は、今後みなさんが、デザインの仕事を行っていく上で重要なキーワードの1つになると考えています。つまり、これからの仕事は、生活者に『何かがある』と感じさせ、いかにして行動に結び付けさせる事ができるかを考える事であり、物や空間を通して問題解決を行い、利用者の自己実現の欲求に応える事を考え、実行し続ける事になるからです。私は、今後も考え続けたいと思っています。

 

コトづくり系 グラフィック専攻 広告クリエイティブ専攻 ウェブマーケティング専攻

渡壁 光温 Mitsuharu Watakabe

DMI Power Studio 代表
プロデューサー・映像ディレクター
 
インターネットやマルチメディア、デジタルという言葉に関するモノづくりは、コンピュータの前で孤独に格闘しているイメージがある。確かにそうなんだが、表現したいアイデアを得るには、結局はいろいろなモノを見に行き、さまざまな人と出会い、会話し、体験することになる。表現はたとえデジタルコンテンツであっても人との交わりであることに変わりない。時に苦悩し、それがゆえに苦労の果てに喜んでもらえたりすると胸が熱くなる。きわめて人間くさい活動だということだ。

モノづくり系 インテリア専攻

福村 保 Tamotsu Fukumura

福村環境デザイン研究室 主宰
イオグランツ 顧問
財団法人堺市産業振興センター アドバイザー
特産品施設開発デザイン指導(滋賀県・奈良県・大阪府)、商業施設開発コンサルティング
’90年大阪府知事表彰(商工デザイン部門)
総合デザイナー協会会員
高校生デザイン賞審査員
 
「私はデザイナーです」この仕事を始めてから何千回とこの言葉を発してきたことでしょうか。ふと、まだ駆け出しの頃を思い出すと、いつも不安があり、本当にデザイナーと言ってよいのか?その時、自分の心に言い聞かせた言葉は「いろんな勉強をして自分に自信を持とう。                           いつも新しい事に目を向けて自分のものにしよう」でした。今でもこう思っています。そして「眼を養い手を練れ」(宮脇檀)ということでしょう。
 
twitter facebook LINE You Tube

totop