【社会人対象】専門実践教育訓練給付金制度 利用説明会

【社会人対象】専門実践教育訓練給付金制度 利用説明会

AIの普及とともに、まことしやかにささやかれる「10年後なくなってしまう仕事」

今、働いている仕事は10年後もあるのでしょうか?

すでにスーパーのレジや販売員などは機械(ロボット)が人間の変わりを行いっています。

これから、事務職や介護職などの分野にもAIを搭載した機械が参入してきます。

 

また、最近の日経新聞には、デザイナーの役割が注目され、単なるデザイン受注だけでなく戦略やブンランドコンセプト、それに伴うデザインとデザイナーが中枢部を担う立場へと変わってきています。( 日経新聞: 2020年11月20日付

今こそ、新しいスキルとしてデザインを学ぶ時ではないでしょうか?

 

厚生労働省が運営する「専門実践教育訓練の教育給付金制度」
この制度は中長期的なキャリア形成を支援し、

「未来失業者」を減らし、

雇用の安定と再就職の促進を目的としたものです。

この制度利用に関する説明会を開催します。

 

ポイント1

 

■学費の大幅減額です。対象となる職業実践専門課程の学びであれば、昼間部でも夜間部でも学費が下記の通り減額(差額分が給付される)されます。

 

ポイント2

■昼間部なら、上記に加え失業手当の約8割が在学中支給されます。

本来なら、長くても3ヶ月ほどの失業手当の支給ですが、この制度を使って進学するなら在学中の期間ハローワークより支給されます。

※支給には様々な条件がありますので、説明会で説明させていただきます。

 

スキルアップをお考えの社会人の方をサポートするこの制度に

ご興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

 

 

 

 

【専門実践教育訓練給付金制度のサポート体制】

●本校の3つのサポート!
 1.入学前のサポート
   支給要件の照会や必要書類・提出期間の確認等、複雑な手続をとことんサポートします。
 2.在学中のサポート
   入学後、給付金の申請時期や受講証明書の発行などを一元管理でサポートします。
 3.卒業後のサポート
   追加給付の申請など、受講修了後であっても最終手続までサポートします。

詳しく制度については、厚生労働省作成のPDFをチェック⬇

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000177962.pdf

■専門実践教育訓練での「教育訓練支援給付金制度」の概要
専門的職業に就くためのキャリアアップ支援として、厚生労働省の指定を受けた教育訓練講座を自己負担で受講し一定の条件を満たしときに、教育訓練にかかった経費(入学金や授業料など)の一部をハローワークから給付金として受けれる制度です。

創造社デザイン専門学校は、大阪府下の専門実践訓練指定47校のうち、「デザイン分野」で唯一の指定講座を運営しています。

 

■給付を受けることができる方
講座の受講開始日(入学日)までに通算して2年以上の雇用保険の被保険期間を有している方が対象です。
詳細はお問い合わせください。

Zoomでの参加もOKです。

 

【Zoom視聴の注意事項】

Zoomは、お持ちのPC(Mac及びwindows)、タブレット、スマホで視聴することが可能です。ただしZoomの視聴を希望される場合は、データ量が大きいためデータ使用料にご注意ください。「データ使用量無制限」でのご契約をされているか、Wi-Fi環境が整っていないとお勧めできません。

Zoomでの参加を希望される方は、質問欄に「Zoom希望」と記載し、連絡がつくメールアドレスを必ず記載して下さい。

参加日前日の17時までにZoom参加に必要なアドレスとパスワードをメールにて送らせていただきます。

※もしメールが届かない場合は、お手数ですが、本校までお問い合わせ下さい。( 06-6459-6211 )

開催日時

毎週土曜日・日曜日 13:00~ / 16:30~(2部制)
※日程が合わない場合はご相談ください!
twitter facebook LINE You Tube

totop