10年伴走キャリアプログラム

10年未来計画始動。

10年伴走キャリアプログラムとは、平成28年4月から創造社デザイン専門学校が独自にスタートさせた卒業後10年間のキャリアアップを一緒に考え支えていくプロジェクトです。これからの未来を生きるあなたの目標・ライフプランに対して、必要な知識とスキルを身につけるためのキャリアデザインを専門資格をもったキャリアコンサルタントが一緒に考え、確実にステップアップできるように傍でサポートします。

これからの未来は、ますます仕事の種類や働き方が変化していきます。卒業後の10年間は、様々な経験をすることでしっかりとした土台がつくられ、職業人生の中で一番大きく成長するとき。そんな10年間をしっかりとキャリアデザインしておかなければ、知らないうちに望まない負のスパイラルに落ちてしまうかもしれません。

10年後のあなたには、あなたが一番輝けるフィールドでずっと活躍していてほしい!高い目標を持ってキャリアを積みたいと考えるあなたのための「10年伴走キャリアプログラム」です。

卒業後の10年伴走キャリアプログラムのイメージ

※期間は目安です。みなさんの状況に合わせてキャリアプログラムが柔軟に変化していきます。

Point01
  • 研修期間終了後の現状チェック
  • 1年目セルフチェックと会社チェック
  • アクションプランシートを用いての
    キャリア計画書作成

など

【卒業後約1〜3年目】
就職先での研修期間終了時期にプログラムがスタートします。「現状チェック」とは、みなさんが就職した職場のチェックです。「職場環境はどうか」「希望と実際は間違いなかったか」などキャリアコンサルタントと一緒にチェックを行い、これからのキャリアアップ計画を立てていきます。この3年間は探求期間として、しっかり自分自身と仕事に向き合いましょう。

Point02
  • キャリアプランの見直し
  • セルフプロデュースレッスン
  • メンタルヘルス
  • 転職相談

など

【卒業後約4〜6年目】
この時期は挑戦期間です。職場でも任される仕事が多くなるこの時期、転職を考えだすのもこの時期でしょう。キャリアコンサルタントと一緒にキャリアプランの見直し、職場での昇進や転職に向けてのセルフプロデュースレッスンを通しさらにキャリアアップを目指しましょう。また精神面でもストレスが多くなる時期です。しっかりメンタル面のサポートも受けましょう。

Point03
  • 各種セミナー・講座
    デザインスキル、経営、知財、人事
  • 異業種交流会
  • 企業マッチング会
  • 独立起業相談

など

【卒業後約7〜10年目】
この時期は成熟期間です。最終目標に向って、探究し様々なことへの挑戦でスキルアップして来たことを確立していく時として、スキルアップ系セミナーや経営系セミナーなどを受講してさらにレベルアップをはかります。企業内での管理職や独立起業など、着実に目標達成に近づけていきます。

人間が行う仕事の約半分が
機械に奪われる。

オックスフォード大学の准教授の論文が職業選択への警鐘を鳴らす。

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進むなかで、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボット等の機械に代わられようとしている。今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高い」そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学准教授でAI(人工知能)等の研究を行うマイケル・A・オズボーン氏である。
同氏が、同じ大学の研究員とともに著した『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が、いま世界中で話題となっている。*
ビッグデータによる情報分析とセンサーによる認識能力を組み合わせることで、人間並みかそれ以上の「判断力」を備えたコンピューターの活用が始まっている。この動きは大量生産によりますます社会へ広がり浸透し、今まで機械化は不可能と思われていた高度な専門分野や知的サービス業にまでおよぶと考えられている。
そのことから同氏は、絶対に消えない職業として「ロボットやコンピューターには向いていない芸術などのクリエイティブな作業が求める職業」とあげている。10年後、20年後、さらにその先に続く来るべきロボット社会では、高次元でクリエイティブなスキルを身につけなければ、生き残ることは容易ではなさそうだ。

主な「消える職業」「なくなる仕事」

  • 銀行の融資担当者/スポーツの審判
  • 電話販売員/電話オペレーター
  • ネイリスト/不動産ブローカー
  • クレジットカード申込者の承認
  • レストランの案内係/集金人
  • 給与・福利厚生担当者
  • 保険の審査担当者/動物のブリーダー
  • パラリーガル/弁護士助手

*【引用文献】「週刊現代」、2014年11月1日発売号、講談社

「10年後のあなた」
間違った進路選びをしないために

納得のいく進路を実現するために、まず「何が学べるか」はとても大事なポイントですが、さらにその進路の先にある「10年後の将来像をはっきり描けるか」この課題に正面から向き合わなければなりません。
英国スタンフォード大学の研究によると、今700種類あるとされる職種の半分以上がこの10年内、遅くとも20年内には消えてなくなるとされています。(※1)
コンピューターやネットが浸透してICTがますます進化するこれからの時代、創造的または社会的な知性を必要とする職業以外はすべて自動化されてしまう可能性がどうやら高いようです。
今、あなたの憧れている仕事は10年後も残っているでしょうか?

その進路選択は間違っているかもしれません。慎重かつ大胆に「足元の変化と長期的な視野」を踏まえて、今後10年間の見通しを持ち、筋道を立てて思考、判断、行動してください。

創造社学園は、創造社デザイン専門学校に加えてもう一つの「職業教育」で実績を高めています。厚生労働省が「競争力のある産業企業を作るには職業能力の向上が必須」との考えから実施する公共職業訓練(創造社リカレントスクール)で、ハローワークを通じて年間1,200名余の方々をクリエイティブ分野中心に送り出しています。本学園では、これら2つの教育チャンネルに37名(※2)のキャリアコンサルタントが進路指導にあたっています。

さらに創造社デザイン専門学校では、卒業後10年間に渡って進路指導を継続して行う「10年後のあなた」を実現する「10年伴走キャリアプログラム」の提供準備を進めています。時代のニーズに即した業績貢献戦力として活躍してもらうために能力の「棚卸し」を行い、時代が生む新しい課題に応答できる能力のアップデートを行うことでキャリアの陳腐化を防御します。

あなたの卒業後10年間に渡って寄り添い、ナビゲーションしていきます。

BLOG twitter facebook LINE You Tube

totop