Entrance
入学募集要項

設置課程

専門課程

本校は、学校教育法により設置、認可された学校であり、私立学校法に基づく学校法人によって運営される学校である。

授業時間

昼間部(専門士課程)

AM10時〜PM5時[週12時間〜21時間]

夜間部(標準課程)

PM6時〜PM9時[週12時間〜15時間]

夜間部(専門士課程)

PM6時〜PM9時[週12時間〜18時間]

卒業資格

本校の専門課程(2年制学科)の卒業者は、人事院規則により短期大学2年課程卒業と同等の資格で扱われます。
(内閣人事院細則、初任給、昇給等の基準、短期大学2年卒の区 分、国家公務員採用の場合)

入学後の転学科・転専攻:入学後、学科や専攻の変更を希望する場合、教科課程の進度に応じて次の通り、
その変更を認めることができます。

  • 学科の変更:1年次、後期の始期まで
  • 専攻の変更:1年以内(但し同一学科内での変更)

※変更を希望する学科・専攻の教科課程を履修する上で、一部科目の追加履修が条件となる場合があります。

各種制度

専門士称号(デザイン専門士)

本校の専門士課程(2年制)の卒業者※には、文部科学大臣(平成6年文部省告示第84号)により「専門士」の称号が授与される。この称号は専修学校(専門課程)修了者の社会的評価の向上を図ることを目的に設けられ、専門課程に設置される学科について修業年限、成績評価の方法などが一定以上の要件を備えることが必要とされるほか、その学科の卒業に必要な総授業時間数が1700時間以上の教科課程の修了者に付与されるものである。

※夜間部(標準課程)ビジュアルデザイン標準学科および産業デザイン標準学科を除きます。

高度専門士称号(4年制)

応用研究科は、実践的な職業教育によって高度な知識や専門技術を備えた付加価値の高い人材育成を目的に設置する専修学校の専門課程(4年制)である。教科課程は体系的に編成されており、課程修了に必要な総授業時間数が3400時間以上で、試験等の成績評価に基づき課程修了の認定を行うなど「高度専門士」の認定要件を満たす課程です。

募集学科・専攻・定員

i.school アイドットスクール

[イノベーティングスクール]

課程 種別 学科 コース・系 募集定員 修業年数
デザイン専門課程 昼間部 高度専門士課程 応用研究科 アントレプレナー・独立起業コース 10名 50名 4年制
専門士課程 ビジュアルデザイン学科
※[職業実践専門課程 認定学科]
コトづくり系
グラフィック・イラストレーション・ウェブ領域
20名 2年制
専門士課程 産業デザイン学科
※[職業実践専門課程 認定学科]
モノづくり系
ディスプレイ・インテリア・プロダクト領域
20名

i.school(2年制・各学科)所定の課程を修了後、応用研究科(4年制)3年次へ編入を希望する場合、審査(口頭試問・ポートフォリオ)の上、編入学を許可する事があります。この場合、所定の「編入学手続金(当該年度の入学金相当額)」を納付し手続を完了しなければなりません。

d.school ディドットスクール

[デザインスクール]

課程 種別 学科 専攻 募集定員 修業年数
デザイン専門課程 夜間部 専門士課程 ビジュアルデザイン特別選択学科
※[職業実践専門課程 認定学科]
グラフィック専攻
広告クリエイティブ専攻
イラストレーション専攻
キャラクター&コミック専攻
ウェブマーケティング専攻
40名 60名 2年制
標準課程 ビジュアルデザイン標準学科 20名
夜間部 専門士課程 産業デザイン特別選択学科
※[職業実践専門課程 認定学科]
ディスプレイ専攻
インテリア専攻
インテリアコーディネーター専攻
プロダクト専攻
20名 40名
標準課程 産業デザイン標準学科 20名

※印は「専門実践教育訓練給付金」制度の指定学科です。制度概要は コチラ→

産学接続デュアルコース

設置学科 コース 募集定員
デザイン専門課程
(昼間部・夜間部)
2年制・全学科
産学接続デュアルコースは、専門課程で履修する通常のカリキュラムに加えて、企業で行う「デザイン実習」を組み込んだ研修コースです。研修内容は、1年次、2年次ともに職業教育協定を結んだデザイン企業で一連のデザイン実務を4週にわたり担当します。学内では得ることが出来ない実務的な技能やコミュニケーション力、実社会での適応性を身につけることを目標としています。このコースは、上記のデザイン専門課程(昼間部・夜間部)2年制全学科に設置します。 2年制学科
(昼間部・夜間部)
定員総数(140名)の内20名
BLOG twitter facebook LINE You Tube

totop