Teacher
教職員

絞り込み検索

モノづくり系 コトづくり系 アントレプレナー・独立起業コース プロダクト専攻

大浦イッセイ Issei Oura

大浦イッセイ Issei Oura

プロダクトデザイナー/工業デザイナー
日本インダストリアルデザイナー協会委員
同JIDAサロン委員会委員長
大阪デザイン団体連合議員

一般的にデザインといえば、単に色、柄、形を時代のトレンドに合わせて表現する仕事と思われていますが、私が生業とするプロダクトデザインの仕事は、人が困っていることや改善が必要なことを「知る」「見つける」ことから始まります。素材、技術、ノウハウなどのエンジニアリングの知識、ブランディング、マーケティング、ビジネスモデルなどのソーシャル領域の知識、また知的財産権などのリーガル領域の知識までインプットした上で、人の意識まで変えるようなデザインをしています。プロダクトデザイナーがすべて私のようにインプットしているわけではありませんが、少なくともデザイナーは日々が勉強です。皆さんとともに学び、最先端の情報を皆さんと共有できればと思います。

モノづくり系 インテリア専攻 インテリアコーディネーター専攻

青木 一成 Kazunari Aoki

青木 一成  Kazunari Aoki

アルファテクトアソシエイツ 主宰
建築設計・インテリアデザイン・行政のまちづくりの企画コンセプト創りの他

街はデザインの宝庫です。普段、何気なく通る道に、何となく入った店に、いつも使っている文具に…皆さんの身の周りには実に多くのデザインが転がっています。どのような業界をめざすにしろ、「デザイン」に境界線はありません。自分の専攻分野ばかりに囚われず、広い視野と好奇心を持って街と接すると、とても多くの事を吸収する事ができます。いろいろな物に興味を持ち、いろいろな事を探求し、常に自分自身の「デザイン脳」を刺激していきましょう。それが、いつか必ず皆さんの財産となる事でしょう。

モノづくり系 インテリア専攻 インテリアコーディネーター専攻

畑中 一秀 Kazuhide Hatanaka

楽空間設計 主宰
一級建築士

すごくいいなぁと思うデザインに出合うと、「うーん」と関心しながらも満足な気持ちになり、デザイナーへの畏敬の念を抱きます。そんなデザインをちょっと真似てみようとしても、実はなかなかうまくはいきません。実現の裏側には数々の失敗を重ねた経験や思考があるからです。「デザインはそのデザイナー自身の成長を超えるものではない」とするとデザイン行為はやはり一生をかけてやるものだということになります。そしてその中でも二十歳代という年齢は、おそらく一生の中で最も感性が鋭く、自身のデザインのベースを形創る大切な時期であると思うのです。

BLOG twitter facebook LINE You Tube

totop