• TOP
  • 社会人の方

Society
社会人の方

入学者の2人に1人は
再進学者です。
特に社会人・フリーターの方が
年々増加しています!

大きな理由は、本校が「専門実践教育訓練給付金制度」の対象講座を運用しているから。
その他にも、働きながらしっかり学べる夜間部があり、ジョブチェンジに成功している卒業生の実績があることも選ばれる理由のようです。

ビジュアルデザイン学科 コトづくり系
南 百合子

前職で企画の仕事はしていましたが、デザインはデザイン会社へお願いしてというところが物足らなくなってきて、「企画からデザインまでをできるようになりたい!」というのが再進学のきっかけでした。

最初は東京をメインに進学先を探していましたが、淡々と進める入学相談に違和感がありました。創造社の体験入学会に参加して、先生や在学生とのコミュニケーションや先生からのメッセージで、入学してからのイメージをしっかり持つことができ、東京ではなく大阪で再進学することに決めました。

さらに「専門実践教育訓練給付金制度」が使える創造社であれば、学費面での援助が受けられるだけなく、昼間部への進学で生活費としての教育訓練支援給付金ももらえることがわかり、再進学の後押しとなりました。

01

社会人のスキルアップを応援する
「専門実践教育訓練給付金制度」が
利用できる。

厚生労働省が運営する「専門実践教育訓練給付金制度」は、学費の一部がハローワークより給付される制度です。(最大で約80万円)2年以上雇用保険を払って働いていた方など、対象条件をクリアできれば、国からの学費サポートを得ながら再進学が可能です。
指定講座は昼間部だけでなく、夜間部専門士課程も指定されています。デザイン分野では全国44講座のうち、夜間部での指定講座は本校のみです。※

※本校調べ:専門実践教育指定講座一覧(平成26年10月〜平成29年4月指定)

02

働きながら学べる
夜間部は学費も
リーズナブル。

本校では、通常の一括払いの他に授業料だけ分割で支払うことができる毎月分納制度を採用。夜間部の標準課程であれば月3万円、夜間部の専門士課程でも月4万円です。働きながら習い事と同じくらいの学費でジョブチェンジできるしっかりとしたデザインスキルを手に入れることができます。
その他、本校独自の返さなくてよい奨学金制度で学費減額ができます。

初年度学費 一括納付 分割
(授業料のみ)
昼間部(専門士課程) 132万円 月6万円
夜間部(専門士課程) 84万円 月4万円
夜間部(標準課程) 72万円 月3万円

※分割払いの場合は、授業料のみ分割することができます。

※もちろん、在学中は通学定期を使えます。

03

やっぱり気になる年齢層。

本校の特徴の1つは幅広い年齢層です。高校卒業後すぐに進学してくる学生だけではなく、短大・大学からや社会人と様々なキャリアを持った人が集まっています。課題量も多く、本気でプロになりたい人が集まる本校は、クラスの雰囲気もかなり真剣度が高く、再進学者にとっても学びやすい環境なのかもしれません。幅広い年齢層の中で学ぶからこそ、同世代だけの学びとは違ったアイデアや気づきをすることができます。

再進学者向けのオープンキャンパス

夜間部見学会

仕事帰りに参加できる見学会です。基本的には夜間部の学びを中心に説明しますが、希望があれば昼間部についても説明しますので、どなたでも参加可能です。

「専門実践教育訓練給付金制度」利用説明会

厚生労働省が運営する「専門実践教育訓練給付金制度」に関する説明会です。対象条件や給付額、給付時期、進学後の学校生活や就職状況などを詳しく説明いたします。

BLOG twitter facebook LINE You Tube

totop